風俗エステと普通のエステの大きな違い

似ているのは名前だけ?

>

知らない方には不思議ですよね

その他の違い

大きな違いとしては、提供するサービスが異なることはお伝えしましたが、その他にも違いはあります。
どちらに行こうか悩んでる方にしてみれば、それは大きな違いというよりも大問題にもなりかねません。
基本的には、性的サービスのある風俗エステの方が料金は高くなります。(もちろん例外もあるかもしれませんが)
あくまでも目安ですが、お店の看板などに1時間6000円(10分1000円)とか書いてあれば普通のエステであり、風俗エステの場合には料金体系も異なりますが、その2倍から3倍くらいをみておいた方がいいと思います。
また、風俗エステのお店には、店名の看板に「回春」「性感」などのワードがある場合もあるので、注意してみておくのもいいかもしれません。

見わけるのが難しい場合も

風俗エステと普通のエステの違いについて調べてきましたが、実は明確にわけられないお店もあるのです。
つまり、両方のサービスを提供しているお店もあるわけです。
その場合は、お店の分類としてはわからないというほかありません。
しっかりとアロマのマッサージなどを施した後に、性的なサービスを行っているお店も少なからずあります。
法的な意味では、性的なサービスを提供する場合には、風俗店に分類されるので各都道府県への届けで必要なります。
また、店側が風俗店と明確に区別している場合には、「当店は風俗店のサービスは提供していません」のような文言があるので、入店前に確認するのがいいでしょう。
いずれにしても看板や広告からだけで判断するのが難しい場合もあります。


このコラムをシェアする

≫ TOPへもどる